2017年08月26日

低体温の誤解

ここ数年、体温を測ると35度台だったので、自分は低体温なのだと思い込んでいたのですが、体温計の使いかたを間違えていたようです。 というのも予測式と実測式というものがあることは知っていたのですが、ピピッと音が鳴ったら、そこで体温計を抜いてしまっていたのです。 だから、正確な体温が測れていなかったようなのです。 冷え性だと体の表面が冷えていたりすることがあるので、本当の体温を測るには10分くらい必要だそうです。 そうして、ちゃんと測ると36度近くまで上がるので、心配するほどの低体温ではないようで、ほっとしました。
posted by four_leaf at 14:05| Comment(0) | カテゴリ無し | 更新情報をチェックする
商品紹介